~2台のフランス車とそれに関わる家族の毎日&遊びネタも満載…いや、最近クルマのネタ切れかも(-_-)~

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
得点できずに引き分けてしまったサッカークロアチア戦。

これだけマスコミが話題にしてるとそれほど興味のない人も見るようで、視聴率も相当高い数字を出していたみたいですね。それにしてももったいない試合だったなー。


What's Newでも触れてるんだけど、試合後ジーコが

「中継の関係でこの時間に試合をせねばならなかったのが…」

みたいな事言っていたのがとても気になりますね。
もしも視聴率の絡みやスポンサーの関係で日中の試合ばかりしていたとしたら、それはその時点で日本があんまり勝利に対して執着してないんじゃないの?って感じてしまう。

サッカーって欧州や南米はもの凄い気合いの入れようで、それに比べたら日本はまだまだというかまるでモチベーションが違うんじゃないかな?そんな事感じました。


サッカーの影に隠れて、というか今年は中継すらなかったルマン24時間。

こっちも日欧の差が出てました、しかもとんでもない形で。
見たかったな~、ホント。


だってアウディがディーゼルエンジンで優勝しちゃったんですよ!!

img3_20060619_172029_2_l.jpg



日本じゃ販売自体どんどん減少してるディーゼルエンジン。
欧州じゃこっちのが主力でどんどんシェアをアップしてる。我がカングーもディーゼルターボ仕様があり、正直この車のカラーとしてはそのエンジンのがお似合いじゃないかな?なんて思うくらい。

窒素酸化物を減らすか二酸化炭素を減らすのか、何処に主眼を置くかで日欧別々の路線になったわけだけど、結局窒素酸化物対策も進んできてるからディーゼルエンジンの経済性や日常での使用の利便性のが上回ってるって事でしょうか。

日本と欧州では走行距離の違いはあるようですが…


で、使いやすさだけでなく速さや耐久性まで証明してしまった欧州ディーゼル!こんな事があると日本も技術立国としてどんどん開発が急加速するのかな?しないかな?



こんなニュースも出ています。

「IWC(国際捕鯨委員会)は商業捕鯨再開を支持する内容を採択~」


日本は一環して文化だと主張、捕鯨再開をずっと言い続けてますが、これ日本ではお馴染みのニュースでも欧米では極めて異質に感じるようです。彼の地でも捕鯨の歴史は古いのだけど、生物としての鯨保護のため一切の捕鯨を禁止するよう主張し実際にやってない国がほとんど。(一部北欧除く)先進国と言われる国でこれだけ商業捕鯨再開を言い続けてるのは稀なケースだそうです。


そりゃ文化も大事だけど「悪しき文化」ってのもあるからねー。

鯨が人間の魚まで食べちゃって大変だ!
みたいな注意喚起までしてるけど、人がこれほど漁業をしてない昔は鯨ももっと多かったわけで、じゃあその頃魚って絶滅寸前だったかって言うとぜーんぜん違ってるわけで。しかも癖が悪い事に日本はODAを隠れ蓑にして賛成票を確保してるってのも痛い。


サッカーは別にして、民度が大きく反映するこの手の話は日本はまだまだだなと。


ちなみに…


あいち健康の森公園「ほたるの里」で、ヘイケボタルが生息する水路周辺が荒らされていた問題、これに関してはもう言語道断!日本人は自然を大切にする事もお金になるという考えを持たないと保護できないでしょうね。自分さえよきゃいいんだから。自然界の生き物を持ってかえるのはそろそろおしまいじゃあないのかなぁ?



人間性や生活環境など諸処あって、まだまだ世界のひのき舞台で堂々と渡りあえるモノが欠けてるのかなと感じたこの週末~今日でした。


でもサッカー選手はみんな一生懸命で悪い事はないですよ。
ブラジル戦、どうだろ???

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mominokishop.blog57.fc2.com/tb.php/82-d95b21cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。