~2台のフランス車とそれに関わる家族の毎日&遊びネタも満載…いや、最近クルマのネタ切れかも(-_-)~

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日より私なりに思った事を勝手に書きましたところ、プライベートでビックリするくらいメールを頂きました。賛否両論とても参考になる意見も多々頂き、感謝しております。



自分が知らなかった活動団体の事、地域で比較的野良猫対策に熱心に取り組んでいるところがある事等々、情報を寄せて頂いたみなさまにはここでお礼申し上げます。


また、やっぱり猫は苦手、嫌いじゃないけどどうも…

そういう方の意見もいくつか頂きました。
猫に悪気はないのは分かっていても、やっぱりちょっとって言う気持ちがある人って思った以上にいるのかも知れませんね。世話をする側として今以上に気をつけなければいかんと思いました。


「野良猫、見つけたらどうしたらいいでしょうね?」

そんな意見も頂きました。

今は結構野良猫対策で頑張って活動している方々がいて、ネットなんかで情報を得る事ができますので相談されると良いかと思います。もしもかわいそうだと思ったら、

「動物愛護センター」

なる所に電話をせず、一度個人もしくは民間で活動している方々に相談、それもできなければ色んなサイトで意見交換していますので、それを参考に行動されたら良いと思います。

また、あまりかわいくないしむしろ畑や庭に入り込んで困る、行政でなんとかしろ!そう思われる方は地域の警察もしくは保健所に相談すれば捕まえに来る手配をしてくれると思います。その際、悲しいですが愛護センターにて処分されますが、人それぞれの考えで行動するのは致し方ないかなと思います。


敷地に入り込む猫をなんとかしたい、そういうご相談もありましたがこれは良策があってないようなもので、入り込んだらこまめに追い払うしかないのではないかなと思います。バケツを叩いて大きな音を出したりして驚かすとすぐ逃げますが、やっぱり学習して行くのでどこまで効果があるかは分かりません。

猫が街を歩いていたりひなたぼっこしている風景は昔からのもので、もはやある意味共存する文化になってるとも言えます。一人一人の考えと責任において、その程度問題で処理されたら良いかと思います。


メール頂いた方々にはその旨返信させてもらいました。
ありがとうございました。

やはりこういう内容に関しては意見はあれどなかなか書き込みしにくいのでは?そういう感じの事はみなさんおっしゃられてましたねー。
ま、今後ともメールで色々と意見下さい。


というわけで1つ前のエントリーはこれにて削除致します。

人の住環境にはまだまだ動物とのトラブルで問題山積です。ツバメ、ハト、カラス、山間部でのサルや熊、タヌキ等々…
最大の加害者は人であると言う事を念頭に置いて、お互いが住み良い環境作りができればそれが一番です。







コメント
この記事へのコメント
はじめまして。

実は僕は数年前まで野良猫を捕まえて避妊する事に大反対でした。人が勝手に動物の種の保存という行為をコントロールして良いはずないっ!って思ってました。
でも今は違います。
社会環境がこれだけ変われば一緒に暮らす、いわゆる野生としての猫との共存なんて無理だろうなと。野生動物なら人に迷惑をかけた時点で淘汰されちゃうんだから。

resedaさん、実費で避妊手術してるのですか?頭が下がります。野良猫なんて地域全体を行き来してるんだからその地域でお金出し合って迷惑がかからないようにすればいいのにね。仰るように猫に悪意はないんだから。



2006/05/19(金) 22:24 | URL | やまザウルス #vyCQQ1SU[ 編集]
大変です
やまザウルスさんいらっしゃいませ。

そうです実費で避妊手術させてます。なかなか手痛いものがあります。小遣い直撃であります。(笑)

あいにく私の住んでいる街の行政はそういう事に使うお金はないようです。道路は毎年いじってますが。(-_-)

小さい団体や個人で頑張ってる方はたくさんいるけど限界がありますね、正直。


2006/05/20(土) 00:36 | URL | reseda #vyCQQ1SU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mominokishop.blog57.fc2.com/tb.php/55-68bc80c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。