~2台のフランス車とそれに関わる家族の毎日&遊びネタも満載…いや、最近クルマのネタ切れかも(-_-)~

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年4月からスイミングスクールに通い始めた我が息子。
最初の進級テストからもう1年も経っちゃったんだなあ。

いや、泳ぎを見ると「まだ1年?」か…








スイミングスクールは週2のコース。

それとは別に月に1回~2回程度市内のプールに一緒に行って泳ぎを教えていた。
(○゚ノ3゚)コッソリ
スイミングスクールの指導って最近はあんなレベルかよ!ってくらいなので…



スクールとは違って父親の指導は昔ながらの厳しいもので、
マスターするまでに何度も何度も泣きながら身に付けてきた。

基本的には各泳法1回~2回でマスター。
あとはフォームをより奇麗に無駄なくという事を徹底して。

親バカというかスパルタ親父というか、そんなわけで1年経った今回の進級テストは
なんと100m個人メドレー!タイム計測なのでひたすらタイムアップのための
フィジカルトレーニングと、更なる無駄のない動きで効率の良い泳ぎを目指し、
スイミングスクールなんか目じゃない勢いで猛練習させてきた。





この話しには伏線があり…






実は1つ下の子で同じくらいのレベルの子がいるんだけど、
前回のテストで彼は選手育成コースに推薦された。経験は3年ほど。

その彼より好タイムで、しかも一発合格したのに育成コースに選ばれず、
更にどうやったら選ばれるか聞いたら一度タイム計ってみないと、なんて言われただけで
あとはなんにもなしだった。





ここで頭に来たわけだ!


ならオレがやっつけてやろうと。


かくして連日連夜、プールに行かない日は毎日自宅で筋トレとダッシュの繰り返し。
トレッドミルを使って長距離ランの繰り返し。嗚咽と吐き気の繰り返し…







そりゃあねぇ。

たった2ヶ月で1コメのタイム短縮だけじゃなく、更に上の級を目指そうと言うのだから
並の練習では到底叶わないわけですよ。

ちなみに合格基準タイムは2分30秒以内で2b、2分15秒以内だと2a、
そして2分以下だと2級というわけ。2級を取らないとスイムキャップの色は変わらない。




一番最初にメドレーやらしたら2分25秒だった。
それが1ヶ月半くらい前。

選手育成コースの子は週に5日泳いでるけど息子は2日。
この差を週末の親子でスイム!だけで埋めて行くってのは大変でしたよホント。



で、先週の金曜日と今日、2回のテストがあるんだけど、今日は最終日。
例の「選ばれた子」が来る曜日だ。燃えた!(その子に罪はないよ)

トレーニングではどうやっても最速タイムが2分6秒を切れなかった。
それが本番のテストでは金曜日、そして今日と、まったく同タイムの1分58秒6!!
まさかまさかの30秒弱のタイム短縮をやってのけたわけだ。\(^o^)/



(○゚ノ3゚)コッソリ
泣きそうになりましたよ…


実は先週にタイムが出ていた時に泣きそうになり、今回はひたすら見返すためだけに
泳ぐという姑息な根性で望んだわけです。(親がね)

育成コースの子は残念ながらタイムを切る事ができなかったらしく、テスト中は
まったく口も聞いてくれなかったらしい。(帰りには半べそだったらしいし)


でもきっと彼も這い上がってこの悔しさをバネにするに違いない。
これから先も刺激しあうライバルでいてくれたらいいなと思う。







100m個人メドレーのタイム短縮のクラスってのは、自分の指導経験からすると
かなり足踏みしてしまう子も多かったし実際にクリアするまでに数ヶ月、もしくは
年の単位で頑張ってた子も結構いた。

それを思うとわずか2ヶ月、しかもよりによってゴールデンウィークの練習日が少ない
月にこのテストという不利な状況で一発合格してくれたのはホントに嬉しかった。



そしてもっと嬉しいのが水泳を始めてからずっとなんだけど、
練習で出なかったタイムが必ずテストではクリアしてくるという事。

本番で自己記録更新というのはホントに褒めてやっていいと思う。



先週末と今日、抱き合って大喜びしたけどそれも今日でおしまいだと言ってある。
明日からはまた2ヶ月先のテストに向けて猛練習しないといけないから。

しかも今度は最後の級、最上級の1級を目指すのだ、半端では済まないし
今回ばかりは1発クリアなんてできるはずもない。

でも目標は高く。


前回までのトレーニングでも毎日泣いていたけれど、これから先はもっと厳しいぞ!
そう言っても「泣きながらでもやりたい」と言ってくれてるんだからねえ。



厳しくして子供が泣いてるのはホント言うと親もイヤなんですよ。
でも、今はこれが最善の方法で最短の道。

強くなりたいという子供の願いに少しでも近づけてやりたい。






でも今日はまだタイム達成の余韻に浸っていたい。(親がね)
だってホントに凄いんだから、1年前は水に顔浸けるのが精一杯だったのにねえ。


たいしたもんだ!



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mominokishop.blog57.fc2.com/tb.php/539-3185aa75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。