~2台のフランス車とそれに関わる家族の毎日&遊びネタも満載…いや、最近クルマのネタ切れかも(-_-)~

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は子供の日、端午の節句です。

元々は中国文化の行事だったという事もあり、縁起を担ぐのと、ただ単に東京から近いから(爆)という事で行って参りました、横浜中華街。

IMG_3326.jpg



で、とんでもない事になってました。(- -;)

IMG_3325_1.jpg


歩くのもままならないくらいの人混み。

「大型連休だから近場よりも遠いとこ行くだろうな」

なんて考えてたのも甘かったけど、そもそも「誰に対して」の近場なんだ?って事ですよね~。(笑)もちろん人口密度の高い首都近辺の話です。

お昼前には到着していたんだけど、何処の店も、ホント何処の店もくまなく大行列。

「メシを食うためには空腹じゃ食えない」

そんな感じです。

なので有名店は最初から諦め、雰囲気の簡素な店で、なによりも人が並んでいないとこ!これを条件に食事をする店を探してあちこち歩き回りました。

でもそれってマズいって事だったのかも?

まあなんとか1時間くらいで見つかったので店内へ。
歩いてお腹も空いていたのでいっぱい食べました。

IMG_3341.jpg




で、忘れかけてた子供の日!

何か買ってあげようと聞いてみると、なんとクラシカルなヘビのおもちゃ。あの節がいくつかあって適当に動かすと動いているように見えるアレです。ただし竹で精巧にできたグレードの高いものをチョイスしてました。(笑)

散々歩き回ってこんなものじゃあかわいそうかなとも思いましたが彼はとても喜んでいて、枕元にヘビを置いてグッスリです。(^_^)

子供は中華街を見るのは初めてなので色んなものが珍しかったりビックリしたりとなかなか刺激的だったようですが、

「パパ、アフラックが…」

IMG_3345.jpg


これは刺激が強過ぎたようです。

ただ、やっぱり歩き疲れるようで後半はダラダラと付いて歩くだけで、ちょっとお土産見てたりすると「またか」ってな感じでグッタリしてたのでさすがにかわいそうになり、お楽しみにしていた中国茶の店の散策は諦めて帰路に着きました。

IMG_0743.jpg



帰りは横浜I.Cまではいたって順調。
東名高速も交通量は多いものの順調に流れて「いました」、静岡県西部までは。

その辺りで

「岡崎I.Cより渋滞25km、2時間以上」

の表示が出始め、どんどん距離が増えていってるので遥か手前の豊川I.Cで降りる事に決めた途端、豊川I.Cも飲み込まれたようです。で、静岡の三ヶ日I.Cで降りてその後は下を走って自宅まで。やっぱりGWをなめちゃいけません!

今回はカングーでの遠出。ガソリン価格高騰でも頑張ってくれました。
往路は2時間以上の大渋滞に遭遇したものの、トータル15,1lm/Lは大満足でしょう。
でもプルリエルのが良いみたいですね、燃費は。

ナビの功罪も色々と見えたし子供と楽しく歩き回る事ができたし。
大急ぎで決めて出かけた割には楽しい旅行でした。

コメント
この記事へのコメント
お近くまで来ていらしゃったんですねぇ。今度はぜひ私の近くのネズミー・ランドに来て下さい。

何処へ行くのも私の場合地図だよりで…
『責任のなすりあい』に笑ってしまいました。ダッシュボードにそっと方位磁石を忍ばせて走る私です。。あぁナビ欲しいなぁ~。
2006/05/08(月) 11:22 | URL | 弁天小僧 #-[ 編集]
同じですね
運転してるとどうしても地図ばかり見てられないですからねぇ、ついつい「ヒマそう」に見えるかみさんに…

ナビはやっぱりあると便利です。特に以前使っていてその利便性を感じちゃってるからなおさらです。

弁天小僧さんはあっちの方なんですか!

無駄に年を取ってるだけで行った事あるのわずか1回です。(笑)
しかも2年前に用事のついでで。

列に並んで待つってのがどうもいかんです、スキー以外では。

2006/05/08(月) 14:04 | URL | reseda #vyCQQ1SU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mominokishop.blog57.fc2.com/tb.php/42-12e7fa32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。