~2台のフランス車とそれに関わる家族の毎日&遊びネタも満載…いや、最近クルマのネタ切れかも(-_-)~

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親は不意をつかれてビックリ。

でも子供は思いもしないお宝発掘で狂喜乱舞。


(○゚ノ3゚)コッソリ

でもホントは怖かったんですけどね(笑)










春休みももうおしまい。


せっかくだからと子供と一緒に筍掘りにまたまた行きました。
でもさすがにシーズンインなのでみんなが掘った跡がたくさん。


なかなか見つける事ができなくて、わずか2本で終わり…
そう思っていたら子供が見つけてくれたので掘り返し作業開始。


これが結構疲れるんですよねぇ。

でも柔らかくて香り高い新鮮な食材のために頑張るわけです。
そしたら不意にとっても柔らかな腐葉土になって鍬がザックリ埋まって行く。

それをグッと引き寄せて掘り起こしたら…


























生き物(虫)嫌いな人は見ないでくださいよ~!!!








































ジャ~ン!!こんなん出ました


























8474.jpg




まあなんと良く育った幼虫でしょう。

というか鍬で殺さなくてホントに良かった。


写真は帰宅後子供の手のひらに乗せて撮った写真。
現場ではあまりの大きさに驚いて近づく事すらできなかった腰抜けです。(笑)

そりゃそうでしょう。
昨日の庭いじりで出てきた大きめのコガネムシの幼虫すら触れないんだから。





ホントはここに再度埋めてあげるのがいいんだけど、なんせ今は筍掘りのトップシーズン。

このまま埋めても命の保証はまるでない。
というか死ぬ確率のが遥かに高い。

なので大量の腐葉土を採取して庭でしばらく様子を見る事にしました。



と、その前に。

産卵はたった1つの卵じゃない。
と思って今度は素手で近くを掘り進むと…












8473.jpg



なんと合計4匹!
(見りゃ分かるか)

まとめて面倒見る事にしました。(-_-;)












さて、人工飼育で育てたカブトムシは土中の温度が高くなりがち。

そうすると十分に育つ前に季節の訪れを感じて蛹になってしまうので、
それを防ぐために買い置きしてあった直径50cmほどの大型の植木鉢を使います。
というかウチはこれが最大の器なので。(笑)


そこにたくさんの腐葉土(もちろん生まれた場所の)を入れてあげ、
上から順に層になるように仕立てて最後は枯れ葉で覆っておしまい。
たまに水分チェックをしながら観察する事にしました。


それにしてもあんな大量に出て来られると色々支障が出る。
一番は筍掘りがし辛くなったって事だなあ。
やっぱり傷つけちゃうのは気が引けるしねえ。


昨年は一度も遭遇しなかったのに。
気候変動で良いシーズンなんだろうか??





まあ子供には生き物の生態を知ってもらえる良い機会だったんだから良しとしよう。
なんせここのマンション購入の決め手になったのはこれだからね。

「ここは夏になるとカブトムシが良く飛んできますよ」(セールス談)



お陰で触って観察して絵日記も書けるようになるんだからまあいいか。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mominokishop.blog57.fc2.com/tb.php/372-801af928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。