~2台のフランス車とそれに関わる家族の毎日&遊びネタも満載…いや、最近クルマのネタ切れかも(-_-)~

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21世紀に遅れてやってきた20世紀の名盤!

for a long time


買うのも遅れましたが聴いたら参りました

ここ数年で最大級の激震です






もう20年以上も昔…


あの頃はサーフィンも流行ってたしテニスだって流行ってた

旅行は高原のペンションで彼女と楽しいひととき

DCブランドの服を選んではディスコで夜通し遊んだり

自分はといえばジェットスキーのレースに夢中になっていたあの頃…

乗ってたクルマは1966y(生まれ年)のビートルにMG-B




あぁ青春…





エネルギッシュな音楽も大好きだったけど
何処か喧噪から解き放たれたようなやわらかな曲も大好きだった。

自分を鼓舞するような音楽とは対極の、
1日の終わりの余韻を楽しむような、
愛おしい人と過ごすための曲のような…




元来ひねくれ者なので(爆)、色んなものに対してあんまりメジャーは好きじゃない。
いや、人があんまり知らないうちに好きになったのならいい。
でも有名になってからそれをチョイスする事は絶対になかった。
恐らく今でも変わってないと思う。




先輩に言われた事がある。

「感性は宝物。あとで身につけようと思ってもなかなか身に付くものじゃない」

だから大切に忘れないようにしろと。








お陰さまでもの凄く詳しくはないけど色んなジャンルの音楽やアーティストが好き。


荒井由美を初めて聴いた小学3年生の冬のペンションの景色や匂いは忘れない

子供ながらにテレビから流れてくる「微笑みがえし」を聴いてわけもなく淋しくなったりした

それまで敬遠していたJAZZが、酒を飲むようになって急に好きになったのには驚いたし

青森に旅行に行って高橋竹山の三味線を聴いたら日本の音楽が分かった気もした

今でも「川の流れのように」を聴くと、自分を見つめ直す事ができる…







でも、10代後半~20代前半は遊んでばかりいた事もあり自分の礎となっている。



大瀧詠一を聴いて大人の世界を知った気になってたし、
山下達郎を聴いて先輩たちが楽しんでるちょっと大人の入り口に立った気もした。
村田和人を聴く頃はもうエネルギー充填120%(爆)!










それらの記憶に勝るとも劣らないアーティスト、
岩崎元是のニューアルバムが昨年出ていた事はまるで知らなかった。
(岩崎さんゴメンナサイ)

彼の音楽を忘れてしまったわけじゃないんです。
とても大切な想い出深い音なので、今でも必ず、季節を問わず聴いてます。
ただし1人でじっくりと…




何気なくネット徘徊していてその情報を知った時にはホントに驚いた。

彼は音楽をやめたわけじゃなく、アニメソングなんか(ハム太郎など)も手がけたりして
かなり精力的に活動していたのでした。参照



なんか力が入り過ぎてたりイヤな事があったり人に優しくなれなかったりした時に彼の曲を聴くと、なんともいえない時間の流れと落ち着きを感じる事ができた。
本当に心を解き放つ事ができたような気持ちにさせてくれた。

慌ただしい日々の一服の清涼剤。


だから彼女とのデートではしょっちゅう聴いていた想い出のアーティスト。




デビューの頃は「岩崎元是&WINDY」というグループで活動していたけど今回はソロ。
知る人ぞ知るナイアガラサウンド(大瀧詠一御大)が好きな人にも一目置かれてるという、
それはそれは貴重な音なんです。


正直サウンドが「正常進化」しているのも楽しみだったけど、
心の中では「あの頃のままだともっと嬉しいな」なんて思ってた。


Amazonでオーダーしてから到着までの長かった事!
(実際遅かったゾ!!)







到着した日はじっくり聴こうと思ってた。

でも、我慢できなかった。
ジャケットを見たら気持ちが昂ってしまって。(笑)

なのでかみさんと子供、3人で夕食を食べながらセットして、
流れてきた1曲目が耳に入ったその瞬間…









泣きそうになりました



いや、ホントに泣けてきた



頭で考える間もなく心が反応してしまい、口に入れた夕食が震えて噛めないほど。(恥)

思い切りよそ事したり他の事考えたりして気を紛らわした(なんでだ?)んだけど、
やっぱり心の奥底から涌きあがる気持ちが抑えられない。





「感性は宝物」だ。





それにしても本当に色んな事を詳細に思い出せるもんだと感心してしまった。


レースの練習が終わってヘトヘトになってビーチにあがって飲もうと思ったときに、
引っ掛けてしまってこぼしたコーラが砂に吸われて行く音…

少しジメジメした夜風を浴びながら、それでもなぜか爽やかだった夜のデート…

喧嘩してクルマの中で話し合った雨の日の濡れた服の感触…

別れた日の事…(- -;)




わずか2枚のアルバムしか出してなかった最初期。
でもホントに自分の人生の多くを占めるとても印象深い音楽。






実は…


2度と手に入らないと思ってたから両方とも場所を変え、
なにかあってもいいように2枚ずつ入手して保管してたのです。(^_^;)

なんという危機管理意識の高さ(爆)



それくらい大切にしていた想い出の音楽が、
まさかあの頃と寸分の違いもなく変わらぬ風と匂いを連れてきてくれるなんて。



今年は自分の中では双璧でもある村田和人御大もアルバムを出すんだとか。



いい歳して泣かされるとは思ってもみなかった…



でもこんな嬉しいサプライズはなかなかあるもんじゃない。
じっくり大切に味わおう。



FOR A LONG TIME



文字通り待ち焦がれていたんだから。

岩崎さん大英断本当にありがとうございます。






コメント
この記事へのコメント
しあわせだね
ツボるポイントが有るってのは、良い人生を送っている証拠だと思うな。
良い思い出、あまり良くない思い出、色々あるんだろうけど、その時々を一生懸命生きていたからこそ、その時の事を連想させる何かに触れた時、(良い意味で)涙する事が出来るんだろうって思う。
そういう物を沢山持った人こそが幸せな人だと思うよ。
2008/03/02(日) 01:03 | URL | Jin #xNYelOkA[ 編集]
ホントそう思います
なんていうかな…

高校生までは自転車しか知らなかったのに、免許を取ってバイクやクルマに乗ったら今までの世界とはまるで別の場所をどんどん見る事ができるようになった時期。

そこから始まってしばらくはホントになんでも吸収できた時期だったんでしょうね。だから思い切り楽しんだし無理もしたし。でもそれがとても楽しかったから振り返ってみると懐かしいんですよね。

良い宝ものだと思います。

2008/03/02(日) 08:30 | URL | reseda #vyCQQ1SU[ 編集]
ジャケット
これは、かっこいいジャケットではないか。

音楽を聴いて泣けてくる。。。
その気持ち、よくわかる。

世界が広がるたび聴く音楽も広がっていく。
自分もそうだった。
2008/03/17(月) 21:00 | URL | れんぞう #GCA3nAmE[ 編集]
ある年齢層以上には
こういうジャケットは懐かしいんじゃないですか?

音楽は行動や思考と一体なことが多く、
自分がその時々でやったことや行った場所なんかを思い出せますね。

こういう気持ちは自分だけのものだから大事にしたいもんです。


2008/03/18(火) 21:14 | URL | reseda #vyCQQ1SU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mominokishop.blog57.fc2.com/tb.php/356-52ba7cf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。