~2台のフランス車とそれに関わる家族の毎日&遊びネタも満載…いや、最近クルマのネタ切れかも(-_-)~

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この地に引っ越して2ヶ月ほど。

高台になったので毎度坂道を走る事になり、所有する両車とも燃費が低下したのは当然。まあしょうがないですね。


でも他に問題もありまして。








それはかみさんのプルリエル。
言うまでもなくセンソドライブというシステムのトランスミッションなんだけど、これは車側が「勝手に」クラッチ操作をしてくれるというもの。まあ便利なシステムだしエンストの心配もないし良いものです。


制御がしっかりしていればですけど…(- -;)



ウチのマンションの駐車場に入るまでは道からまたちょっと坂道。そこに至る道も住宅街でちょっと入り組んでおり、3速まで上がらないくらいの速度で右左折が数回繰り返されるポイントがあります。これに傾斜がちょっと付くわけだからプルリエルオーナーにとっては分かると思うけどまあ大変なストレスになるわけです。


何がストレスかと言うとそのクラッチワークの制御に尽きる。

上記のような速度域でのストップ&ゴーではほとんどの時間「半クラッチ」状態で、停止から発進する最初の回転数で2000rpm弱。そこから延々半クラッチが続くわけで、こんなにヘタクソだとこの先どれくらいクラッチが保つのか不安になるくらい。これはオートでもマニュアルでも同じですね。

昨年末引っ越してすぐ、あまりにもその兆候が酷いんで点検してもらったところアクチュエーターの交換という事になったんだけど、その後もクラッチミートの回転数は高いままだしなが~い半クラッチもそのまんま。

この傾向はこの手のミッションにはままあるようだけど、普段乗っている自分の車がマニュアルで、意のままに動かせるから余計に感じるのかもしれない。でもそれを差し引いても毎度毎度ストレスの溜まるシステムだなあと、最近特に思うわけです。この分だと3年保証が切れた後が恐いなーと。


ウチの2台、同排気量でほぼ同重量。

ストップ&ゴーのような事が多いと低速でよりトルクを出しているカングーは使いやすさが引き立ちます。逆にプルリエルは低回転域でのエンジンのトルクが細いのに加え、ミッションの事もあって評価は低いもんです。でもこれが山道なんかに行くと激変し、エンジンは高回転まで伸びやかだしシフトダウンも気持ち良い。しかもステアリング操作に専念できるからコーナリングがとっても楽しくなっちゃうんですねー。それだけに低速域での振る舞いが悔やまれてならない。


ボディ形状も違うしそもそもコンセプトがまるで違う車なので、同じクラスだからと目線を一緒にして見てはいけないんだけど、こういう条件下で暮らしをしてみると、毎日の事だけに気になって来ちゃいますね。


センソオーナーの坂道対策。
なんか良いものあったらご教授を。




コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
僕は坂の手前であらかじめ一段ギヤを落とします。
autoモードでも少し減速しパドルでシフトダウン。
そこから踏み込み登ります。
急坂の場合は尚更手前で2速に落とし、ある程度踏み込んだ形で進入します。
2007/01/19(金) 09:47 | URL | ぷるだい #-[ 編集]
はじめまして。御前崎ではゆっくりお話出来ませんでしたが、私は2回エンストした事があります。ぷるだいさんのおっしゃる通りシフトダウンが効果的です。中途半端だとブルって止まります(T_T)
2007/01/19(金) 15:11 | URL | リサガス #-[ 編集]
みなさん工夫してますね
ぷるだいさん

ウチもあらかじめシフトダウンは心がけているんだけど、ホントに微速の右左折が連続するんで結局都度ニュートラルになっちゃうんですよねー。で、そこからは半クラッチ地獄…

リサガスさんいらっしゃいませ!

こちらこそ御前崎はバタバタしていて話す余裕すらありませんでした。(^_^;)

まだエンスト経験はないですが、ヤバそうな事はありましたね。メーター一桁くらいの速度域での加減速ってホント苦手な領域。なのに坂道なんだからやっぱり大変ですねー。
2007/01/19(金) 23:07 | URL | reseda #vyCQQ1SU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mominokishop.blog57.fc2.com/tb.php/189-5b30a300
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。